赤ちゃんがおっぱいを嫌がる…
ママへ向けの解説とわたしの克服体験記

改善にぜひ導入したい「母乳相談室」を個人でも買う裏ワザ

乳頭混乱に悩んでいるお母さんに、ぜひ導入してもらいたい哺乳瓶があります。
それは、ピジョンの「母乳相談室」という哺乳瓶なのですが…。

ちょうどわたしが悩んでいた時期(2010年頃)から、
病院などの医療機関以外での販売が終了になってしまったんです。

でも、いろいろ探しまわったら、個人でも購入する方法がちゃんとありました。
わたしが実際に購入した方法を紹介します。

その前に、ピジョンの「母乳相談室」って何が良いの?

「母乳相談室」は、母乳育児をしたいお母さんのための哺乳瓶です。
母乳育児の代表?のような「桶谷式」が監修しているらしく、他にはない特徴があるのです。

  • とにかく簡単にミルクが出てこない構造になっている
  • 試しに出してみると、しっかりおさえてやっと少しずつ出てくる程度
  • 母乳が出てきだしたお母さんと同じか、それ以下の出方になっている
  • 赤ちゃんも、ミルクを飲みながらおっぱいを飲む練習ができる
  • 結果、この哺乳瓶なら混合栄養を続けている方でも乳頭混乱が起きにくい

わたしも「わざわざ買うほど…?」と思っていましたが、実際使ってみると確かに全然違いました。

直接、「これでおっぱいの方を向いてくれた!」というわけではありませんでしたが、
でもこれがなかったら、もっとおっぱいから遠ざかってしまっていたと思います。
(母乳を飲む練習にもなったのかな…?)

母乳相談室を実際に個人で購入する方法3つ

実際に「母乳相談室」を購入する方法は、現在のところ3つあります。(2013年1月現在)
その方法はこちらです。

赤ちゃんを産んだ産院で聞いてみる

これは病院によるところも多いので、確実ではないかもしれません…。
でも、とりあえず一度聞いてみてください。

「どうしても母乳でやりたくて…」と相談したら、取り寄せてくれるかもしれません。

赤ちゃん本舗で店員さんに聞いてみる

わたしが2年ほど前に購入したのはこの方法です。
店頭に並べられなくなったものの、お客さんからの問い合わせが多いので少数の在庫を持っているのだというお話でした。

できるだけ大きな店舗で、「桶谷式の母乳相談室ってありますか?」と聞いてみてください。

楽天で探してみる

最近知って驚いたのですが、最近は楽天でも取り扱っているお店が本当に少しだけあるそうです。

いつまで取り扱ってくれるかはわかりませんが、まだしばらくは大丈夫そうです!
1番手間も少ない方法なので、あるうちは活用してみてください。

【2013年7月追記】
アマゾンでも取り扱いがはじまっているようです。
ネットではかなり購入しやすくなっているようなので、上手に活用していけると良さそうですね。

わたしも実際に使ってみてから実感しましたが、
確かに他の哺乳瓶ってよく出るし飲みやすいしむせにくいようにできていたりするんです…。
これがあれば大丈夫!というわけではないですが、確かにこれを使った方が良いなぁ…と思います。

ちょっと入手に手間がかかってしまいますが、もし気になったら導入してみてくださいね。

スポンサーリンク

乳首が原因なら乳頭保護器を!

最終更新日:2013年07月29日